ガスを使う際の注意点は?

点火・消火は必ず目で確かめてください

その場から離れない!

  • ガス器具の近くに、燃えやすいものは置かないでください。
  • 風や煮こぼれで火が消えたり、天ぷらを揚げているときに、鍋の中の油に火が着くことがあり、たいへん危険です。 LPガスを使っているときはその場を離れないようにしてください。

※立消え安全装置や過熱防止装置(あげルック)など、安全装置付きのコンロをおすすめします。

ガス栓は、使用時には全開で、使用後は完全に閉じてください

#

  • LPガスをお使いになるときは、ガス栓を全開で、また外出するときやおやすみ前には、 ガス栓、器具栓が閉まっていることを確認して下さい。
  • 使用していないガス栓には、かならずゴムキャップをつけてください。
  • 長期間ご不在になるときは、容器、バルブを閉め、LPガス販売店にご連絡ください。
  • 配管やガス栓をアースの代わりに使用しないでください。
いつも青い炎でお使いください
  • LPガスをお使いのときは、炎は必ず「青い炎」でお使いください。赤っぽい炎は、不完全燃焼をしている炎です。
酸素過多 酸素不足 完全燃焼
換気に注意してください

#

  • 室内でガス器具を使用するときは、換気扇を回したり、ときどき窓を開けて十分に換気をしてください。
  • 小型湯沸器は長時間使用しないでください。

※LPガスが燃えるためには、たくさんの空気を必要とします。換気が十分に行われないと、酸素不足や室内に排気ガスが充満して不完全燃焼を起こし、有害なCO(一酸化炭素)が発生するため、大変危険です。

ゴム管はときどき点検し、早めに交換してください
  • ゴム管は、ガス栓の赤い線のところまで差し込んで、ホースバンドでしっかりとめてください。
  • ゴム管は長くしたり、物かげを通したり、折り曲げたりしないでください。
  • 三つ又は危険なので、絶対に使用しないでください。
  • ひび割れなどが発生しているゴム管は使用しないでください。

※ゴム管からのガスもれは、せっけん水を塗り、泡が出るかで分ります。
(泡が出た場合はすぐにゴム管を交換してください)また、点検後はきれいに拭き取ってください。

#
三つ又は危険なので、絶対に使用しないでください。
#
脱着が簡単で確実なコンセント型の専用ホースをおすすめします。
#
ガスもれ防止のため、湯沸器やふろがまなどの固定式燃焼器とガス栓の接続にゴム管を使用することは禁止されています。直接ネジ接続するか、上のようなネジ接続の専用ホースで接続してください。
ガス器具のお手入れ

#

  • ガスコンロなどの目詰まりは、不完全燃焼の原因となります。時々器具ブラシなどで掃除をしてください。

<お願い>

  • ガス器具のお手入れなどで、ネジなどを取り外す必要がある場合は自らお手入れせずに、必ずLPガス販売店へご連絡ください。
このページのTOPへ