LPガスの性質を知りたい

安全の第一歩はLPガスの性質を知ることから
1.空気よりも重い 2.ニオイをつけてある 3.燃焼にはたくさんの空気が必要
#
LPガスは空気よりも重く、もれると低いところや物かげにたまる性質があります。
#
LPガスそのものは無色無臭ですが、
もれたときに分るように タマネギが腐ったようなニオイをつけてあります。
#
LPガスが燃焼するためにはたくさんの空気が必要です。
4.クリーンなガス
  • LPガスそのものには人体に有害なCO(一酸化炭素)は含まれていません。
  • ただし、換気不足などで不完全燃焼を起こすとCO(一酸化炭素)を発生します。
  • LPガスそのものは炭化水素なので、大量に吸い込むと意識を失ったり、窒息することはありません。
5.液化した状態で容器(ボンベ)に入っている
  • LPガスは圧力をかけて液化した状態でLPガス容器(ボンベ)に入っています。
  • 容器のそばでたき火などをして容器の温度が高くなると、圧力が上昇して安全弁が作動し、空気中にLPガスを放出することがあります。
  • 液体のLPガスが皮膚に触れると冷傷になることがあります。
ガス器具をご使用の際は

新しくガス器具をご使用の際にはLPガス専用の器具であることを確認してください。LPガス器具には表示があります。

  • LPガス用器具を必ずご使用ください。都市ガス用器具は使用できません。
  • LPガス用器具は全国共通です。
  • ガス器具は取扱説明書をよく読んでから、正しくご使用ください。
  • ガス器具の保証書は大切に保存してください。
このページのTOPへ